死刑台の微笑(文芸社文庫)麻野涼

f:id:juneberry-miyatomo:20211108165641j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(4時間20分)

感想…

裁判の様子やその供述内容の部分あたりは、ドキュメンタリーを読んでいるような気持ちになって、読んでいてとてもしんどくなりました。中盤あたりから、小説であると言う雰囲気を私が感じられるようになり、やっとドキドキできるレベルになりました。面白かったです。

少年法に守られている少年たちが、更生してくれればいいのですが、そうでないと本当に被害者はやってられない気持ちになります。更生する少年もいるとは思いますが、更生できない少年は、その育ちを含めて気の毒だとも感じました。ただ、だからと言って守られているのもどうかと、考えさせられました。

内容(Amazonより)

三人の少年によって、ひとり娘を惨殺された母親は、娘の無念と悲しみを晴らすため、会社を辞して、地裁での意見陳述に全てを賭けた。地裁で、三人の裁判を傍聴し続けた母親は、娘を殺害した三人の凶行を知るにつけ、憎悪を増した。死刑判決を望む被害者の母に立ちはだかる、少年法。判決を有利へと導く加害者の弁護士たち。少年審判を抉る問題作!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

麻野/涼
1950年埼玉県生まれ。早稲田大学卒業後、ブラジルへ移住。サンパウロで発行されている日系紙パウリスタ新聞(現ニッケイ新聞)勤務を経て、78年帰国。以後、フリーライター。高橋幸春のペンネームでノンフィクションを執筆。87年、『カリブ海の“楽園”』(潮出版)で第六回潮ノンフィクション賞、91年に『蒼氓の大地』(講談社)で第13回講談社ノンフィクション賞受賞。2000年に初の小説『天皇の船』(文藝春秋)を麻野涼のペンネームで上梓(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です