どんな人になりたいのか考えて、やっとやりたいことをやる

f:id:juneberry-miyatomo:20210922211109j:plain

私は50代になって、いろいろ回収できつつあるように感じます。
ちなみに「回収」の意味は(私の中だけですが)
今までやってきたことは、ムダでなかったと思えるということです。
どのような人になりたいのかが
40代後半から、やっと見えてきた感じがあります。

私の10代20代は
自分の考え方や思いが、合っているのかどうかが不安でした。
今考えると、合っているとかは無いんですけどね。

30代40代は、ある程度道ができても
そこで、どう生きるかについて悩みました。
例えば
「力を出し切らずに、給料泥棒の方が得なのか?」とか
「違うと思うことがあった時に、人に流されずにそれを言うのか?」とか

そうこう考えながら
やっぱり、いろいろ思うとおりにやりたい
と感じている50代です。
入塾も同じ頃なので、そこから加速しているイメージです。

でも、若い頃には、何になりたいのか(なにがしたいのか)が
自分でわからずにいました。
そもそも、それが、職業なのか、人としての生き方なのか
それも全部ごちゃごちゃになって、ややこしくて。

迷っている時には見えないけど、目標を据えると見えてくるものがあります。
対象が狭められて、具体的になって
進む方向が定まるので、進みが早くなる感じです。

だから、私は50代でやっと
これでも、やりたいことをやっている感じですが
どのような人間になりたいのか、目標が見えた人は
そこからどんどんと、加速できると思います。

職業ではなくて、どのような自分になりたいのか
自分の軸がしっかりともてたときに
仕事でも、家庭でも、子育てでも判断が楽になりました。
規準となる線ができたからだと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。