自分で見なくしていること、自分でゆがめていること

f:id:juneberry-miyatomo:20210531220154j:plainうちの夫は、病院嫌いで 

アドバイスしても、聞かないんです。 
自分で、事実をごまかしていますね。 
 
歯医者にもなかなかいかずに 
結局、歯槽膿漏になっているらしいですが 
もう、そのことには触れないです。 
 
でも、先月とってもいい歯医者さんを知ったので 
せっかくだから、現状維持ができるだろうから、と 
すすめているのに、いろいろと言い訳をして 
行かないです。 
 
私も、本当は良くなってほしいけど 
本人が行かないのを無理矢理にはできないので 
人のことだからと、気持ちを切っていたのですが 
 
いいお医者さんが出てきて 
すすめてしまったばっかりに 
せっかく良いことをすすめているのに 
そして、その通りにならないことにイラッとしています。 
 
イラッとしたくないから、放ってあったのですが…ね。 
 
もう、本当に面倒くさいです。 
 
でも、私も自分自身の間違いには気づきにくい。 
そういう私も 
基本的に、あまり他人の意見を聞かないです。自分で決めます。 
 
家族では、息子が一番痛いところをついてきます。 
さすが、私をよく分かってるな、と思います。 
 
あと、母について… 
私の心の底に 
かたくなに、母が悪かったと思いたい気持ちがあるんですが 
昨日たまたま、ツイッターで見つけて 
読んだ本 


「死んだら生きれない 50円玉2つからの波瀾万丈復活逆転人生劇場」 
幸坂ゆうあ


 
幸坂ゆうあさんが、母親に対する自分の考え方を 
あまりにも赤裸々に書いていて、びっくりしました。 
そして、おもしろい。 
 
自分史を書くことで、事実をもう一度捉え直していて 
事実が、だんだんとゆがめられていった背景や 
自分がかわいそうだと思われたい気持ちなど、いろいろ 
幸坂さんの波瀾万丈にはかなわないけれど、考え方は一緒だなと思って 
おもしろく読ませてもらいました。 

まだまだ、続編があるようでした。
 
私も毎日思ったことを投稿していますが 
こうやって、自分の考えを棚卸することって 
ゆがめられている事実に気づくこともあって 
大切だな、と感じています。 
 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

経験してやっと、自分の強みを受け入れられる

f:id:juneberry-miyatomo:20210530085846j:plain少し前までは、リーダーに対する固定観念と、苦手意識ってありました。

若い頃は、先輩や、前任者になろうと
話し方を真似たりも、していました。

どちらかと言うと、自分は裏方の方が得意で
表に立つのには、苦手意識があって

「やれ」と言われれば、やるのですが
二の足を踏む感じがありました。

プライベートでは、わざわざ前に出たくない…
と思っています。(家庭は別)

仕事で、役割としてのリーダーを、初めて任された時

知らない人の中、やったことのない仕事…

みんな経験も上で、年上の人多いし
怖いし(怖く見える)、文句言いそうだし
泣きそうな思いで、やりました。

半年、1年経つと協力してくれるようになっていました。
もともと、協力してくれない訳ではなかったんですね。
怖くもないし、私の不安からの思い込み。

そうやって
知らない人の中での経験、違う部署に行っての経験、転勤先での経験…と
だんだんと、人数や規模が大きくなってきても

できないなりにも、私ができることを必死にやっていたら
半年後くらいには、みんな協力してくれるようになっていて

知らないところで、初めての仕事をすることにも
少し慣れてきました。


きっと、仕事内容は知れてるんです。
ある程度は、事務的にできる。
実際は、人間関係などの、プラスアルファの方が大きいんだと思えています。

SFは、勉強不足であまり詳しくないですが
1. 回復志向 2. 学習欲 3. 内省 4. 調和性 5. 親密性 6. 責任感 7. 共感性 8. 達成欲 9. 公平性
これを使って、私のできるリーダーをやっているんだと思います。

あと、以前は同じ役割の人と話をすると
自分と違うところに、目がいってしまって

できていない自分に対して、ネガティブな気分になっていましたが
今では、自分のできること(キャラみたいなもの)を出して
自分にしかできない、人にマネのできないことをしよう
と言う思考になりました。

私は、ちょっと変わっているので
あと、前に出て目立ちたいとは、まったく思わないので

きっと、後任者が同じことをしようと思ってもできないと思うし
周りにも、こんなタイプの人は少ないと思っています。

何かになろうとしていた時には
自分の、足かせのように感じていたものが
考え方を変えると、人にはマネの難しい
私らしさなんだ、と感じられるようになりました。

そう思えるのも、実際に何度も経験したからだなと思っています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

こんなに時どうしよう…

f:id:juneberry-miyatomo:20210529221109j:plain今日は、朝から

一日、公認心理師の模試があったんですが
時計は、時計機能のみと言うことで
唯一置いてあった地位財をしていきました。

時計機能のみの腕時計も、必要な時がありますね…。

で、朝は息子に駅まで送ってもらって行ったのですが、今、帰ってきて

あ、カギ忘れた・・・

やばっ、、、

今庭に締め出されてます。
幸い、Wi-Fiは繋がってるので助かります。

実は、今日は17時から
知人の結婚式がzoomであったので
庭でスマホで見てます。

それと、せっかく買ってきたアイス
とりあえず、2つ食べました。

結婚式も、まだまだ続いてるので
見ながら、聞きながら
投稿しようかと。

さて、リーダーシップについて。

私は、自分が不安性だから
リーダーが怖かったら、萎縮してしまいますし
自分が、ついて行く側でも
リーダーがやりやすいように動きますね。

いいリーダーを作るのは、メンバーだとも思っています。

リーダーシップも大切だけど
フォロワーシップも、ホントに大切だと思ってます。
みんなで作っていく感じで。

リーダーは上下関係でなく役割

とても分かりやすいですね。
偉そうにでなくて
集合の知恵が、メジャーになるのは
まだまだ先なんでしょうかね…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

20時ごろになっても誰も帰って来ず
雑草もだいぶ抜いたし
zoomの結婚式も終わりだし
ちょっと肌寒くなってきて

自分でも、だんだんイライラしてきて

3時間もよく色々やってな
なんて思いながら
何時ごろ帰ってくる?ってもう一回LINEしたら
旦那から

「まだまだやで」って返ってきて

「8時は過ぎるよ」ってLINEしたやん?!

って、段々と怪しい雲行きになってきて

「しゃーない、もう一回、スーパーでも行こうか」と
カバンをゴソゴソしていたら
車のキー発見。(車は息子が乗って行ってるんだけど)


家のカギが、あった・・・

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

小学校の卒業式の言葉に、生き方の未来予想図を考えてたみたい

f:id:juneberry-miyatomo:20210528221249j:plain今日は、ぐっすり眠れました。少し余裕があるので、珍しく朝に投稿してみます。

最終決定は自分の力で
幸福度と、自分の足で歩いて行っていることの関係

確かに子どもの頃、親にやらされていたことが多くて
楽しくなかったんです…
ほとんど、自分で決めてきたことがなかったし。

中学生、高校生あたりから
自分の足で歩いてきた気がします。
大学の進路は大きな分岐点(大した進路ではない)でした。

結果ではなくて、自分ではとても満足です。

それから、自分の足で歩いています。
スマートではなくて、とても泥臭い感じですが。

組織の中でも、失敗した時に非難しない
心理的に安全な場所、って大切だなと考えていて
家庭のことを考えると
長男は、なかなかはじめの一歩が踏み出せない(と思う)

小さい頃は、ずーっと、ダメ出しばかりしていたこと
それが、ダメだとわかりながらも小6くらいまでは
ダメ出ししてたかな。

高校の頃は、大学卒業後
今は老後のこと 生涯賃金 
私よりも先をいつも考えていて、完璧にちゃんとしようと頭でばかり考えて
シミュレーションばかりが大きくなって
なかなか一歩がむつかしい…

けど、自分で少しずつ歩いている部分も増えてきて
なぜか今、新聞配達とスーパーバイトしたり
ボーリングのマイボール作って一人で行ってたり
高校のクラブではバドミントンをやっていたけれど
テニススクールに自分で行きだしたり、ちょっと自分で判断して

人にどう見られようと
自分がやりたいと思うことを、できるようになってきたところが
母は嬉しい。

周りがどう思うかでないということが、わかってきたのかも。

最終決定は自分。

課題に答えながら思い出したことがありました。
小学校の卒業式で
卒業証書をもらった後、全員何かひとこと言う場面がありました。
大人しくて、声の小さかった私にとっては
何をさせるねん…という感じでとても嫌なことでした。

課題に答えていると、ふとそこで言ったことを思い出しました。

「正しい判断のできる人になりたいです」

その時には、大した意味はなかったと思いますが
50歳を過ぎても、覚えているくらいなので
ずーっと無意識の中に残っていたように感じました。

小学生の時の私が、決めたから
いつも自分で考えてきたように思いました。

生き方にこだわりがあるな、ポリシーみたいな強いものがあるな
と自分でも感じていましたが(なぜだろう?と思っていましたが)
生き方の未来予想図を
小学生の頃に決めて、ずっと持っていたかも知れないな、と思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

意外と彼女は、自分で判断するのが苦手なのかも

f:id:juneberry-miyatomo:20210527204155j:plainとっても、報連相の多い 

一緒に働いているサイコパス女子。
(だと思っている)

何度か登場していますが、相変わらず
ヒエラルキーが、自分よりも下だと判断する人に対しての
攻撃傾向はあります。
ただ、一緒にいて感じることは
本人は、それを攻撃とは思っていないかも…
私は、サイコパスだと思っていますが。

今日のサポメで、気づいたことは
彼女は、自分では
決して、決定できないこと。

それは、誰かのせいにできるから判断しないか
もしかしたら、判断できないのかも…?
とも感じました。

誰かが言ったことを
自分の考えたことのように、偉そうに言うのですが
反論された時には、誰かのせいにして
最後には、逃げられるところをもったまま
ということだと気づきました。

でも、本当に何でも判断を仰いでくるので
もしかしたら、判断できないのかな…
とも感じました。

あと、組織での間違った決定への反論って
面倒くさいので、流せるものは放っておきます。
でも、それでは組織がよくならないですね。

迷ったときには、リスクの高い方を取る
という考え方は、以前はなかったけれど
リスクを、チャレンジと言う言葉でいいかえると
少し近くて、そうしてきたように思ます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

魅力のある人って…

f:id:juneberry-miyatomo:20210526210309j:plain私の周りに


いつも、私たちのために、貢献してくれていると思います。 
 
「自分が集まりたいから、やっているだけです…」 
 
みたいなことを、いつもご本人は言われますが 
本当に心強く、ありがたいなと思います。 

そういう人は、知らず知らずのうちにみんながついてきて 
リーダーになっているように感じます。 
 
コミュニケーションについて。 
 
情報リテラシーは 
先週出てきた、ヒエラルキーにも 
関係しているように思いました。 
 
私が、フェイスブックやブログをやるようになって 
それを、まったく知らなかった時よりも 
若者についていけている気がしますし 
そういう話にも、臆しなくなりました。 
コミュニケーションって、気持ちも大きいと思います。 
 
やっぱり、時代に適応する力のある人は 
年配の方でも、私から見ていても魅力的に見えます。 
 
だから、年の差をうめることもできて 
それを、適応力ということができるのかな 
と感じました。 

 


私の周りに

いつも、私たちのために、貢献してくれていると思います。 
 
「自分が集まりたいから、やっているだけです…」 
 
みたいなことを、いつもご本人は言われますが 
本当に心強く、ありがたいなと思います。 

そういう人は、知らず知らずのうちにみんながついてきて 
リーダーになっているように感じます。 
 
コミュニケーションについて。 
 
情報リテラシーは 
先週出てきた、ヒエラルキーにも 
関係しているように思いました。 
 
私が、フェイスブックやブログをやるようになって 
それを、まったく知らなかった時よりも 
若者についていけている気がしますし 
そういう話にも、臆しなくなりました。 
コミュニケーションって、気持ちも大きいと思います。 
 
やっぱり、時代に適応する力のある人は 
年配の方でも、私から見ていても魅力的に見えます。 
 
だから、年の差をうめることもできて 
それを、適応力ということができるのかな 
と感じました。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

サーバントになら私にもなれる…リーダーシップの形

f:id:juneberry-miyatomo:20210525204052j:plain10年前くらいは 

リーダーシップって
体育会系の人が、人前でグイグイ引っ張って行ける
目立つ人がやることだと、思っていたので
まったく、私とかけ離れていると感じていました。

でも、人と違って、自分のできることをしていていい
前のリーダーのマネをすることではない、と分かってきて
少しずつ、ハードルが下がってきました。

それと以前、研修で
学んだ「サーバントリーダーシップ
というリーダーのあり方を知って
これなら、私でもできるかも…
と思うようになりました。

サーバントリーダーシップ
リーダーが、チームの人を支えながら
チーム全体を育てるようなイメージ(たぶん)で
それぞれの人が、主体的に動いて行けるように導く
という感じです。
私には、その方がしっくりときました。

でも、体育会系リーダー経験者を見ていると
本当に、チームを一つにまとめるのが上手いです。
周りのモチベーションを上げたり
できていないことに気がついたり
フォローしたりしながら
リーダーシップがとれるなぁ、と感心します。

全員が全員ではないと思いますが
年齢問わず、ある一定の度胸があって
前向きな姿勢が見えるので
仕事の経験値が低くても、安心感、安定感があります。

私はスポーツはやっていなかったので、わかりませんが
スポーツを続けて、そこでチームをまとめるということは
精神的にも、追い込まれることがあるようで
それに比べたら…と感じるらしいです。

初めは、リーダー像というのがあって

イメージしている誰かになるような思いがありました。

でもそうでなく、自分の強みを活かしてということを考えると楽になりました。
そして、できるところばかり見えているリーダーよりも

自分の弱みを見せながら、やっている人には信頼が置ける気がします。
自分の強い部分でリーダーシップをとると

大して苦でないことでも喜ばれるので

リーダーシップをとることはあります。

ただ、若いリーダーも育てたいので、「わからないことは、全部教えるから、やってみて。」と、身を引いて、若い人へすすめることも多いですね。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

思い起こせば、変わってきたな…リーダーシップとは無縁の生活から

f:id:juneberry-miyatomo:20210524215907j:plain小学4年生の時に、学級代表をしました。(させられました) 

大人しい性格だったので
人前で話すのも嫌だったし、まとめるのも嫌でした。
声も小さいし。

それからは、その他、大勢になるように
潜んで生きてきました。
残念ながら、嫌でしかなかったんです。

でも、自分の中には、いつも強い思いがあったようで
家庭では、主張してしまいます。
大きな買い物、家を買う時、車を買う時、リフォームする時など
こういう理由でこういう風にしたい
相手に、画像や資料でイメージを渡して

こうだから、これに合うように提案してほしい
と、担当の人に伝えています。

それで、出してきてくれたものが
思ったモノと、違うときには
「ちょっとイメージが違う」と伝えますし
(責めませんよ)
私の想像以上に、想像していなかったものや
私の知らなかったものを、提案してくれた時には
とても嬉しいです。

主婦から働き出して、受け身的に、でいいかと
はじめは思っていました。

わざわざ、主体的にやることは
面倒なことに入っていくような気がしていて…
大げさですが、生き方について少し悩みました。

でも、ちょっとしたリーダーをやってみて
つくっていきたい、変えてみたいな、なんて思いはじめて
だんだんと私が変わってきました。
それが、6,7年前かな。

はじめて新しいところで
リーダーみたいなのをした時には
必死で、周りにも気を遣って、頑張るけど
まったく、余裕なし。

後になってみると
もっとガンガンやれば良かったな…
と思ったりもして、そんなことを重ねながら
今は、少し余裕をもてるようになってきたと感じます。

いつからか、自分の思いを出せるようになってきました。

高校生の頃、親のイメージした進路ではない方向へ進めた時から変わってきたように思います。

逆に言うと、それまでは、生き方の中では、まったく無かったです。

今は何でも自分の思いを出して、周りとの折り合いを付けながらやってきています。思いつく限りはやっているので100点だと思います。(そうしないと、しんどいということがわかってきたので) 


そして、日常生活で、気にならないところは受け身で流せることは流しています。

自分のこだわりがあるところは、流そうと思っても流せません。

だから、積極的に関わっています。 


今までで、気持ち悪い違和感があったところは、息子たちの学校の役員や地域の子ども会などの役員です。

なかなか、環境が同じ人ばかりではないので、私は効率的にやりたいな、と思いますが、そうでない人、集まり自体が好きな方もおられるので、そういうときには、基本的には大人しい性格なので、黙って従います。(が、とてもしんどい時間です。)
でも、私にとっては受け身で流せることです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com