なんのために

f:id:juneberry-miyatomo:20210429104513j:plain

良い睡眠が記憶を爆上げすると言うのは
高校生の頃に、実感したことがあります。

高校の頃はテスト前日
範囲を覚えていない、と言うことが
まま、あったのですが…

テスト勉強をする時に
徹夜しても覚えられない、という感覚がどこかであって
(これをどこで知ったのかが、自分でも気になりますが)

4時ごろまで勉強して、7時半まで寝て
あと、確認でもう一度やってテストを受けると
結構、覚えていました。
若かったからか、その3時間の睡眠でも
すごく、睡眠が役立っていたように覚えています。
睡眠で記憶の定着が、実感できていたように思います。

今は、そう言うわけにはいきませんし
そんな一夜漬けの勉強は、必要ないですが

本当に、定着させたい記憶の方が多いです。

それと、高校は家の近くで歩いて登校してたので
8時をだいぶ過ぎてから、家を出ていたんんです。(楽だったな…)

あと、今は睡眠時間が短い日が続いていますが
今年になったくらいから
スマートウォッチの、睡眠スコアの点数が取りやすくなった感じがありました。
甘くなったのかな…と思って
周りにも聞いたのですが
そうかな、と言う感じで

「スコアが上がったんじゃない?」と言われて

ま、そう言えば
短い睡眠時間を良質にするための工夫したし、
と素直にその言葉をいただきました。

工夫は、大したことはないですが
腰痛防止も含めて

スマホは寝室に持ち込まない
・耳栓をする
・寝る前にちょっとヨガ
・背中のマッサージ
・足もみ
・真っ暗にする…

いいと言われることがあれば、どんどん取り入れていると
寝る前のルーティンも、いつの間にかいろいろ増えて
それはそれで、毎日5分10分、時間はかかりますが
確かに、睡眠に集中できる環境ができているように感じます。

話の流れで書きますと
先週、普通のホテルに1日泊まりました。

互助会の補助があったので

ツインに1人だったので、広くて設備もいいし
コスパも良いのですが

「家の方がいいな…」と思っていました。
なんか、熟睡できるような。
夫が「ホテル良かった?」と聞くので
「微妙…」と答えました。

その時、思いついたのは

シャンプーとドライヤーが違うから
髪の毛がバシバシで、翌日1日中ずっと気持ち悪かったこと。
あとは、部屋の乾燥。

先々週のホテルでも、ドライヤーと乾燥は気になりました。

私はそれほど、シャンプーやドライヤーを気にしたことはなかったですし
こだわりもないと、思い込んでいましたが

それだけではなく
自分に合うものが、いつの間にか揃った自宅は
私仕様に、カスタマイズされていて
とても過ごしやすい空間になっていることを、実感しました。

で、そのあと夫から

「泊まるのなら、車やから、シャンプーとか、ドライヤーや
なんなら、背中のマッサージクッションとか
とにかく全部持っていったら?」

と言われて、寝場所としてだけでなくて
次の日も気持ちよく、快適に過ごしたいなら
その通りだな、という話になりました。

またGW明けからも、たぶん利用しますが
どこまでも、突き詰めていきたいです。

側から見たら
「仕事にそこまでするの?」って感じに見えるかもしれないですが
実は、そうじゃないんですね。

仕事のため、ではなくて
毎日の、少ないプライベートの時間をどう使うか、充実させるのか
と言うところからの、行動なんですが。

これは、普通はなかなか伝わりにくいので
あまり言いません。
めっちゃ、仕事人間に見えてるかも知れないけど
それは、いいです。

とにかく「なんのためにやってるか」
だと思っています。

随分、記憶の話から外れましたが
自分の身体をメンテナンスしながら
毎日、快適に過ごせるようにしていれば
記憶へ回せる余裕が出てくるかと、思ってやっていきます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。