出力する前に、自分の中でだいぶ整理されてる

f:id:juneberry-miyatomo:20210430233623j:plain投稿を始めると 

入ってきた内容を、自分がどんな風に使っていたかとか
今までの経験などが結びついて
また全く違う方へ、思考が広がったりし始めました。
インプットしたことが頭の中で完結して、わかるということ、と
自分の中で一周回って、出力することって
大きな違いがあると感じています。

だから細々でもいいので、続けたい
という気持ちが強くなっています。

あと、人の名前はちょっと苦手です。
だから、覚えるまでは
名前を、あまり呼ばなかったりもしていました。
名前を間違えられるとショックだし…と思うと
自然に覚えるまでは、名前なしで話しかけることがあります。
ある程度、覚えてくると、自信をもってお名前で呼びます。

数字に関しても苦手意識あります。
日常、ほぼ、頭の中でも使わないですね…。おまかせです。
そりゃ、どんどんと苦手になりますね。

そう思うと、テスト自体はそれほど好きではないですが

自分の達成度が見える化できるので、アウトプットの場があることはどこか安心感があったように感じます。

 
仕事では、私だけでなく、周りにも勉強会や研修会等を自分で開くことをすすめています。規模の大小や内容のレベルは問わないですが、自分が誰かに対して説明できるっていうことは、自分の中にしっかりと根付いているということだと思っているので。どんな簡単なことでも、説明してもらえれば、新採にとっては役に立つと思っています。 


出力する時に、自分なりに大切にしていることは、伝え切るということです。

基本的には、相手に伝えたいことを、シンプルに伝え切る、その中に具体的内容も盛り込まないとイメージがわかなかったりもありますが、それも含めて、シンプルにするです。そうしていることは、だいたい自分の記憶にも定着しています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

なんのために

f:id:juneberry-miyatomo:20210429104513j:plain

良い睡眠が記憶を爆上げすると言うのは
高校生の頃に、実感したことがあります。

高校の頃はテスト前日
範囲を覚えていない、と言うことが
まま、あったのですが…

テスト勉強をする時に
徹夜しても覚えられない、という感覚がどこかであって
(これをどこで知ったのかが、自分でも気になりますが)

4時ごろまで勉強して、7時半まで寝て
あと、確認でもう一度やってテストを受けると
結構、覚えていました。
若かったからか、その3時間の睡眠でも
すごく、睡眠が役立っていたように覚えています。
睡眠で記憶の定着が、実感できていたように思います。

今は、そう言うわけにはいきませんし
そんな一夜漬けの勉強は、必要ないですが

本当に、定着させたい記憶の方が多いです。

それと、高校は家の近くで歩いて登校してたので
8時をだいぶ過ぎてから、家を出ていたんんです。(楽だったな…)

あと、今は睡眠時間が短い日が続いていますが
今年になったくらいから
スマートウォッチの、睡眠スコアの点数が取りやすくなった感じがありました。
甘くなったのかな…と思って
周りにも聞いたのですが
そうかな、と言う感じで

「スコアが上がったんじゃない?」と言われて

ま、そう言えば
短い睡眠時間を良質にするための工夫したし、
と素直にその言葉をいただきました。

工夫は、大したことはないですが
腰痛防止も含めて

スマホは寝室に持ち込まない
・耳栓をする
・寝る前にちょっとヨガ
・背中のマッサージ
・足もみ
・真っ暗にする…

いいと言われることがあれば、どんどん取り入れていると
寝る前のルーティンも、いつの間にかいろいろ増えて
それはそれで、毎日5分10分、時間はかかりますが
確かに、睡眠に集中できる環境ができているように感じます。

話の流れで書きますと
先週、普通のホテルに1日泊まりました。

互助会の補助があったので

ツインに1人だったので、広くて設備もいいし
コスパも良いのですが

「家の方がいいな…」と思っていました。
なんか、熟睡できるような。
夫が「ホテル良かった?」と聞くので
「微妙…」と答えました。

その時、思いついたのは

シャンプーとドライヤーが違うから
髪の毛がバシバシで、翌日1日中ずっと気持ち悪かったこと。
あとは、部屋の乾燥。

先々週のホテルでも、ドライヤーと乾燥は気になりました。

私はそれほど、シャンプーやドライヤーを気にしたことはなかったですし
こだわりもないと、思い込んでいましたが

それだけではなく
自分に合うものが、いつの間にか揃った自宅は
私仕様に、カスタマイズされていて
とても過ごしやすい空間になっていることを、実感しました。

で、そのあと夫から

「泊まるのなら、車やから、シャンプーとか、ドライヤーや
なんなら、背中のマッサージクッションとか
とにかく全部持っていったら?」

と言われて、寝場所としてだけでなくて
次の日も気持ちよく、快適に過ごしたいなら
その通りだな、という話になりました。

またGW明けからも、たぶん利用しますが
どこまでも、突き詰めていきたいです。

側から見たら
「仕事にそこまでするの?」って感じに見えるかもしれないですが
実は、そうじゃないんですね。

仕事のため、ではなくて
毎日の、少ないプライベートの時間をどう使うか、充実させるのか
と言うところからの、行動なんですが。

これは、普通はなかなか伝わりにくいので
あまり言いません。
めっちゃ、仕事人間に見えてるかも知れないけど
それは、いいです。

とにかく「なんのためにやってるか」
だと思っています。

随分、記憶の話から外れましたが
自分の身体をメンテナンスしながら
毎日、快適に過ごせるようにしていれば
記憶へ回せる余裕が出てくるかと、思ってやっていきます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

記憶っておもしろい

毎日、私の投稿内容は、だいたいが、ふと思い出したことです。

小さな頃の記憶や、若い頃の記憶なんかが
サポメの中のキーワードから、引っ張り出される感じですね。
そういう記憶は、本当に勝手に出てくる感じですよね。

電子書籍の耳読でも、2回目聞くと「あ~」と
記憶がよみがえることは、よくありますが

私は、2回目聞くと
その時に見ていた、見えていた景色が
ふっと浮かぶことがあります。
不思議だな、と感じています。

だいたい通勤時に、いろいろ聞いているので
その景色は、ある交差点の信号だったり
道にある看板だったり、のことが多いんですが
なぜ、その景色なのか・・・と不思議に思います。

景色に意味がなかったとしても
その部分の内容も、すごく心に残っている内容の部分でもなく
小説でも、その他のビジネス本でも
あまり意味のある部分ではないのですが
その部分になると、映像が出てきます。
もう、インプットされてしまったんでしょうね。

私の中で
そのフレーズの、どの部分かに反応しているのかも知れないですが

そういう自分の不思議を
私はとても、おもしろく感じてしまいます。
そもそも、同じ本を何度も聞いているのも、変わっていますが…

ちょっと違いますが
衝撃的なことがあった時に、見えていた風景とか
床の木目とか、カーテンとか。

それ自体には、あまり意味があるとは思えないようなものも
意外と、一緒に記憶に残っていることってあります。
そういうモノを感じると
ひとの記憶ってすごいな、と思います。

あと、80歳近くなる母を見ていると
エピソード記憶って、都合よく書き換えられてるやん
と思います。

いいことか、どうかはわからないですが
自分にとって、とてもいい感じの人生になっていて
それって、私はある意味うらやましく感じます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

小さな頃の記憶

f:id:juneberry-miyatomo:20210426215708j:plain私は、子供の頃、バレエやピアノなどを習っていましたが 

そういう子供の頃の習い事って、手続き記憶なんですね。 
 
だから、楽譜は読めなくても 
今でも手が覚えていて、勝手に弾けたり 
雰囲気で身体が動いたり 
人の記憶ってすごいな、と。 
 
あと、老化と記憶力との関係がないとのことは 
ビックリですが 
 
日常的には、なかなか覚えにくくなっている感はあるので 
若い頃に、幅広くたくさんの情報をインプットしておくことは 
とても有効だと感じます。 
 
なんとなく覚えている程度でも、知っている程度でも 
そういった下地があると 
物ごとを考える時に、役立つように思います。 
 
すごい偏見かもしれませんが 
中学受験をして、進学校へ通っていた人は、 
やはり知識量が多いと、成人してからも感じます。 
(ちなみに私は中学受験していないです) 
私の周りにいる人が、たまたまそうかもしれないですが。 
 
私の中では、小さい頃の記憶って 
成人しても役立っていると感じています。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

<img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=2309920&p_id=170&pc_id=1

だんだんと自分軸がカスタマイズされて

f:id:juneberry-miyatomo:20210425100932j:plain

昔から、自分の軸は持っている子どもでしたが
それを表面には、出していませんでした。
合わせる方が、何でもうまく流れて行くので
蓋をしていた感じです。

でも、大人になって、家庭を持って
生き方として、自分の軸をしっかりと表さないと
何が自分かが、わからなくなる…みたいに感じたのと

みんな、それぞれの生活は全く違うんだ、と感じて

結婚してからは
結構、自分の軸や家庭の軸を持ってきたんだ
と、今日、振り返ってみて感じました。

私の場合は、自分の軸を持つことは
それほど、かたくなになるようなイメージではなくて

自分のなりたいものや
家族がこうなったらいいな、というイメージに対して
近いものや、いいものは取り入れるし

イメージしている我が家に関係ないものは
流行っていても、いいと言われることでも
目指すものが違うので、関係のないものだと。

その程度です。

そして、自分にとってあまり興味のない
ノーマークな分野(例えば外食のお店とか服とか)
に関しては、まったく軸がないです。
(それも私の軸なのか)

その線引きについて、ある時に吟味したものだけど
正しいのか、の不安はありましたが

勝間塾に入って、サポメやコミュニティでの情報から
根拠をもって修正したり、変更したりできるので
私にとっては、とても心強く、安心できています。

軸って、すごくしっかりしたものでないといけないけれど
違うと思ったら、すぐに変えればいい
そう思って、何についても信念をもってやっているつもりです。

私の若い頃も、そうでしたが
職場で、若い人と話していると、しっかりしている子ほど
「一度決めたことを貫かないといけない」というような
軸をしっかりと持っているんだけれど
その軸を持っている内容が、小さいように感じます。

経験しないと、きっとわからないだろうから
それは、口では言いませんが
もっと大きな目で見て、柔軟にできたら楽だよ
と感じることは多いです。

でも、今、軸をもっている若い人は
歳とともに、それが自分のものとして少しずつカスタマイズされて
しっかりと自分軸が、できくると思います。

そのためにも、軸を持つことでの成功や失敗の経験を
積んでほしいと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

権威は必ずしも正しくないと、わかりながらも

f:id:juneberry-miyatomo:20210424215831j:plain私はもともとどちらかと言うと

権威に対して批判的な見方をする方です。

そして、今の上司はトップダウンが好きで
何から何まで決めたいタイプなんです。

それが分かっていて
会議では、それに楯突く意見を
わざわざ、言う気にはなりません。
ただ、本当におかしいことに対しては
意見としては、発言します。

トップの考え方が、自分の考え方と違う時に
合わせる部分と、主張しなければならない部分とがあって
その線引きに、結構悩みます。

放っておいても、決まっていきますが
自分が許せない線を越えると
つい、言ってしまいます。(健全なことですが)

そして、採用されるかは、別ですが。

でも、もし私がその立場なら
自分の考えをたたき台にしたとしても
たくさんの人のアイデアから、考える方が
より良いものが、出来上がると思っているのですが

そう思っている人が、私の周りにはどのくらいいるのかは
わからないですね。

楽をしたい人にとっては
トップダウンには
オートマチックで進んでいくという
ウィンウィンのところがあるようですので、なかなか根深いですし
なんせ、相手は権威ですので。

でも私は、権威って一つ間違えば
はだかの王様だ、と思っているんです。

批判的なことって、言われるとやっぱりショックですが
自分に対して、批判的な意見を言ってくれる人がいなくなると
おしまいだとも思っています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

知は経験してはじめて活かされる

f:id:juneberry-miyatomo:20210423223426j:plainスパムメールで騙されました。 

被害はまったくないですが
まさかの・・・です。

2月ごろのことです。
また、ちょうど父親の四十九日で
バタバタしている午前中。マルチタスクです。

ちょうど
Amazonアソシエイト・プログラムに申し込みをしていて
売り上げがなかったので
メールが来ていたところで

Amazonから
登録がどうのこうの、と言うメールが来て
早く返信しないと、みたいな感じで
住所氏名電話、カードのセキュリティコード
何度入れても、次の画面にいかない…

ちょうど、法要前に入力していて
法要後に「ん?」「あれ?」って思って。

そもそも
メッセージにAmazonからメールが来るって、おかしいし
で、改めて見る、弟にも言うと
Amazonらしき画面だけれど、アマゾンのURLではない!

すぐに、カードをストップしました。
その間、だいたい2時間ほど。

その間に、新しい機器がアクセスを求めている
と言うメールがあって
私は京都ですが、場所は滋賀となっていたので
本当に怖いな、と感じました。

人って、自分に都合のいいように見たことを
感じたり、解釈したりしているなと思います。

Amazonからのメールだから
きっと、あの申込した関係だとか
新しい機器がアクセスしているっていうの
京都と滋賀って、近いから、そう捉えられてるのかな、とか。

少し、冷静に考えたら分かるんだけど
起こった出来事同士を
うまく結びつけるような作業を
勝手に頭の中で、してしまっているところがありますね…。

その後
いろいろ暗証番号の変更やカードの再発行
引き落としの変更などなど。
それぞれの再設定が面倒でした。

オレオレ詐欺は意図してそういう場面をつくるのですが
バタバタしている時って
マルチタスクで、集中して考えられない状況で
安易な提案が目の前にあると、乗ってしまう…

まさに、実感しました。

知っていることと、それに対応できることは違うな、と思いました。

経験をもってはじめて、知っている知識として働くのだな、と思っています。

(これも言葉では知っていたことですが)


余裕があるときには、大切な物ごとに対しては、じっくりと考えますが

どうしても、時間に余裕がない、心に余裕がない時には、面倒くさくて

これくらいなら、もし騙されてもいいか、という考えになっています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

人の言うことを素直にきく心

f:id:juneberry-miyatomo:20210422221848j:plain集合の知恵、たくさん利用していきたいと思っています。 

特に仕事では、集合の知恵を感じます。

でも、知らないうちに
自分が正しい。
いつの間にか、正義と思い込んでいる時があります。
歳とともに
いつの間にか、凝り固まっていて
たまに、必死になっている自分を
恥ずかしいな、と感じることがあります。

自分も新しい意見を
持っているつもりだったのに
いつの間にか、古くなった考えに
固執している自分に気付くっていう
なんと格好の悪いこと。

本当に、歳をとってくると
人の意見をちゃんと、偏見なく
聴けるようになっていかないといけないと思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com