食欲? もはや食欲ではないのでは?

f:id:juneberry-miyatomo:20210226205011j:plain

「科学者たちが語る食欲」より

子どもの頃の味覚と言えば…
夫とは、食べるものが違うと感じることが多いです。
超加工食品好きです。

息子たちも、今は超加工食品を好きですが
私にも、そんな頃があったし
息子たちは小さい頃には、食べていなかったので
時が来れば戻ってくるかな、と思っています。

超加工食品のトランス脂肪酸について、私が知ってから
とりあえず、マーガリンを買うのをやめました。
それぐらいしか、できていませんが

残念ながら
息子たちは、マーガリンの入ったロールパンが好きなようで
自分で買って、食べているのを見ると
気になっているマーガリンについては
ひとこと言いますが、そこまでです。

親の言ったこと、っていうのは
なかなか入らないので、同じことでも
友だち等の、親以外の人から聞くと
心に響くのだろうに、といつも思っています。
(そういうことがよくあるので、その時を待っています)

でも
今、健康に良くないと思われるモノを作っている会社も
はじめは、それほど害があるとは考えていなかったと思いますが
(思いたいですが)

利益を追求するあまり
低タンパク、低食物繊維のものを意図的に作って
人為的に、人をとりこにしているか…と考えると
ちょっと、怖くなりました。

規模が大きくなると、見えなくなるモノってあるんでしょうか。
きれいごとかも知れませんが
企業理念って大切だと思いました。それは、御用学者も同じです。

ここまでくると、もはや食欲の範疇というよりも
金銭欲になっていて、その中で
私たちの食欲がコントロールされている図式を、とても怖く感じます。

結局、自分の身は自分で守ると言うことが大切なんだ
と言うことが、よくわかりました。
情報を取捨選択することが、一番難しいですが
自分で情報を精査して…ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。