自分が詳しい内容について、先回りして質問の答えを発信する

f:id:juneberry-miyatomo:20210207103256j:plain
質問という言葉を、イメージすると

固い感じの「問い」や「Q&A」をイメージしてしまいますが
YouTubeや、Kindle出版や、Twitterやvoicyも
質問に答えるという、考え方ができるんだと
初めて気づきました。

改めて考えると「そうだな」と納得です。

発信しているみなさんは、自分が詳しい内容を先回りして
答えを発信しているのですね。

なんか、ストンと落ちました。

私が子どもの頃、調べたい時には
図書館で百科事典で調べないとダメでした。
だから、百科事典欲しいなと思っていました。

何を調べるでもなく「へ〜」と思いながら
読みたいと思っていました。
(でも、家にあったらきっと読まない…)

歴史のこととか、外国のこととか、生き物のこととか…
宿題なんかだったのか、忘れましたが

詳しく知ることが難しか時代です。
ちょっと前の時代ですが、今ではウソみたいです。
昭和の話です。

YouTubeKindle出版なども
みんなが知りたいことを知っている人への、アクセスが多くなっていて
だから、いち早く情報を出そうとみんな必死なんですね。

昨日、たまたまイケハヤさんのKindle

「クラブハウスをはじめるときに必ず読む本」を読みました。

さっそく、出しているイケハヤさんがすごい。

サラッとした内容ですが、需要はあると思いました。
そういうことなんですね。

先回りして答えを発信した人が利益に繋げていく。

この構造がビジネスとつながるんですね。なるほど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。