泥臭くいっぱいいっぱいの経験から

f:id:juneberry-miyatomo:20210119201015j:plain
4年前に、後輩から言われた言葉がありました。 

少しアウェイ感のあった職場に異動した、年の終わり頃

「先輩の良いところは、その泥臭さです」

その時は、めちゃくちゃ微妙な気分でした。
たぶん、褒めてくれているのだとは思いましたが
ちょっと、すんなりは納得できなかったです。

でも、ようやく報われました。

その頃、初めての仕事では
スマートな方法や、かっこいいやり方は思いつかないので
とりあえず、可能性のあるところを試す
それを潰していく作業でした。

目標を共有しつつ、いろいろな人の思いをまとめていく中で
本当に毎日ジタバタしていました。

あれから、また異動しましたが
いろんな面での経験が増えて
今はきっと
あの頃よりも泥臭さは減っているだろうな、と感じます。
少し肩の力が抜けたような気がします。

あの頃を振り返ると、思いやパワー、熱量はすごかったけど
無駄な動きも多かったな、と思います。
そこが、泥臭かったんだろうな、と。
自分に余裕のない「いっぱいいっぱい」の経験をして
自分を出し切ったことで

なんとなく、抽象的な全体像が分かったような気がしてきました。

私の問題解決能力が、少し上がったとすれば、
ドキドキする判断を、思い切って重ねたことで
日々、失敗も重ねながら
ビビらなくなったことが大きく

たった4年前ですが
あの頃、泥臭さを出しながら突っ走ってきたことは
一つの転機のように思えます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

www.rakuten.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です