仲間がいないゲームはまず続かない 当たり前へのフィードバック

f:id:juneberry-miyatomo:20210108210636j:plain 息子や仲間とのやり取りの中で 

私が一番大切だなと思っていることは 
フィードバックです。 
 
もちろん、プラス面でのフィードバックもそうですが 
「あのやり方、ちょっと違うのに…」 
と、ちょっとしたことを放っておくよりも 
違うと言うことをフィードバック(?) 
返してあげる方がいいと思っています。 
 
私が日常の中で、意外と忘れてしまうというか 
スルーしてしまうことが 
普通より、少し良いことへのフィードバックです。 
 
上手くできているので 
あえて言うほどでもない、というレベルって 
自分もそうなんですが 
思っているよりも、本人は頑張っていることが多くて 
フィードバックを返されると、私は嬉しいです。 
 
自分が何かしたことに対しての反応が返ってくるというのは 
何かしらの刺激になると思っています。 
まれに、嬉しくない人もいるかもしれませんが 
周りの人が、それを評価していることを 
知ってもらえると思っています。 
 
あまり関わっていない人から、思いがけず 
プラスのフィードバックを返してもらえると 
私は嬉しくなるので 
できるだけ「いいな」と思ったことは 
伝えるようにはしています。 
でも、それは私に余裕があるとき、かも知れません。 

若干、ニュアンスは異なるかも知れませんが

仲間を作っていくことを、私の周りでは、稲森和夫先生をマネて、渦を作ると言っています。

少し渦ができてくると、特に意見のない人も渦に加わって

さらに大きな渦になっていくのを体験したことがあります。

だから、 仲間という存在が目標に向かっていく大きな力になることは

私はとても理解できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です