素直に「ありがとうございます」を…思い切って謙遜の習慣をやめてみる

f:id:juneberry-miyatomo:20201231102253j:plain

謙遜の習慣ありますね…。
自信があるけれど、謙遜している時と
本当に自信がなくて謙遜している時と
両方あります。

あまり知らない人の前では
日常で基本的に、謙遜で身を守っていたと思います。

褒められることに慣れていないところもありますね。
もともと
褒められた時に、肯定することがダメなことのように
教えられていた気もします。

私の尊敬している人が

「出る杭は打たれるけれど、
出すぎた杭は打たれないから、どんどん出すぎて行って」

といつも言われます。

けれど、いきなり出すぎるのは、やっぱり怖いので
中途半端ですが
表向きは、周りの人に付き合いとして謙遜しつつも
少しずつ、地味に出すぎて行っています。

でも、現状維持を前提とした

こちこちマインドセットの方々ばかりの集団では
もう私の手に負えないので「ちくわ」のようになって
時の過ぎるのを待っている時もあります。
まぁこれは、日常によくあることではありませんが。

まずは、人に褒められた時に素直に
「ありがとうございます。嬉しいです。」
と言えるようにします。

今年は、コロナが流行って、思ってもみないことがたくさんあったので本当にたまたま、ブログにたどりつきました。

初めは、何も知らず、SNSで発信することが怖かったですが、だんだんと発信んすることで、自分の考えの整理もできましたし、読んでいただいて、そしてコメントもいただき、ホントに嬉しい気持ちでいっぱいです。

毎日読んでいただけて感謝しています。

みなさま良いお年を…。

www.rakuten.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。