時間割引率から わかっていたことですが…

f:id:juneberry-miyatomo:20201224193141j:plain

夫と結婚して21年目になっています。

結婚した頃、お互いに30代で

いろいろ気になることはありましたが

夫の歯の磨き方がも、気なりました。

私の父は、健康や特に歯にこだわりをもっていたので

夫が、歯に対する優先順位が低いことや

歯を疎かにすることに、とても違和感があって

その都度、アドバイスをしてきました。

でも、子どもではないので、それにも限りがありました。

そして、21年経ってお互い50代になって…。

夫は歯槽膿漏らしく、歯を抜くことになったり

よく、歯茎が腫れて痛いと言います。

硬いものがあまり食べられないんですが

自分の行いが悪かったことに、心当たりがあり過ぎる夫は

私に、詳しく説明してくれないので

実際の状態はあまりわからないです。

でも、とにかく恐ろしいですよ。

本当に、意識することは大切ですし

毎日のほんの少しの違いで、20年経つと大きな違いになっていて

自分で食べられる美味しいものも限られてくるし

歯のためにも、無駄なお金がかかってしまう。

本当にいいことは何もないです。

(私としては、わかっていたことですが。)

少し話は変わりますが

「You are what you eat.」

日本語にすると「あなたは、あなたの食べたものでできている」。

つまり健康は食べ物で決まる、という意味。

50歳を過ぎてくると、その意味の重さを実感できます。

1、2度で、どうこうと言うことではなく

それが毎日の生活の中に、位置付けられてくると

時間割引率が、ものすごく関係してきますね。

www.rakuten.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です