父のこと#18 かたづけ

 

 父が亡くなって、忌引きがあるので

家の片付けと年末までにできる手続き等をしている。

兄弟3人でとにかく、書籍が多いのでその処分のための整理。

そして、父には変な癖があり、それは本の間にモノを挾むこと。

何だろうか、本の中に置いている? みたいな。

そこで、とりあえず、本をペラペラとしながら本棚2つを確かめる。

確かめたものは、後日、買い取りに来てもらう。ただ古い本も多いので値段がつくかどうかはどうでもよくて、処分していただく。

とにかく何でも挟んでいる。

昭和の宝くじから、テレフォンカード、旅行での乗車券

新聞の切り抜き、これが一番多かった。

そして、終わったクレジットカード

いろいろな写真

父が40代の給与明細、源泉徴収票

100円札ほか、お札がチラホラ。

 

とりあえず本棚2つから

現金は合計6万1千円(千円札は夏目漱石だった)と百円札、1円札、50銭、10銭、5銭、1銭札…。

 

やっぱり、確認しないともったえないね、と言うことに。

でも、なんで父はそんなことしてるのだろうか

まさか、ないとは思うが、今日の日をイメージしていたのだろうか。

でも、兄弟3人で昔の本をペラペラしながら、本の間から出てくる色々なものについて、昔の父を思い出しながら作業していた時間は、ちょっとタイムスリップして楽しかった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。