自分が属する種族を考える

f:id:juneberry-miyatomo:20201211220216j:plain

自分が属する種族…。

面白いですね。 
職場では、仕事に対する考え方が同じ人が同じ種族だと感じます。 

それは、仕事内容にかかわりなく感じるモノです。

違った考え方の種族とのいわゆる「つばぜり合い」あります。 

同じ組織の中でも、そういった考え方の見えない線って

逆に、それがよく見えるというか、お互いに分かって

それによっての一体感のような親近感から、絆が固くなります。

ちなみに、私たちの種族は

時代の変化に合わせて変わっていこうと考えている一族です。

先の時代を考えた時に
数年後には、私たちのイメージしている職場になっていると考えています。
(変化の大きな中で、数年後とはなかなか緩やかですが…) 

生き方の上で、基本的価値観は勝間和代さん系だと感じています。 

もともと、合理的なことが好きだったのですが
それを結構振り切って、実行されている勝間さんの姿に
とても勇気づけられています。

一般人が、振り切ってやっていると


ちょっと変わった人…」

となりがちですが
勝間さんのような、ロールモデルとなる人がおられたことで 

合理的に振り切ることに、市民権を得られて

私の生活が地に足のついたような気がしています。

www.rakuten.co.jp

mens.meria-room.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です