常識のアップデートを止めてはならない「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」西野亮廣

 毎日、片道1時間以上の通勤時間で、Kindle本を耳読しています。

読み終えるまでの平均的な時間(2時間20分)

キングコング西野亮廣さんの2冊目のビジネス本です。

ちなみに、私は西野さんの本を、初めて読みます。

えんとつ町のプペル』という絵本を描かれたのは、どこかで耳にしていましたが

どんな経緯で出版されていたのかを初めて知りました。

芸人さんが、片手間で絵本を描いたのとは、全く違うということがよくわかりました。

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

売るための戦略が満載。

当たり前の内容であるようだが、観点は新しく感じられ、販売や広告に関してはとても説得力を感じました。信用を高めて、慣例を見直して、売れる仕掛けをしっかり用意して、絵本の出版に臨んでおられます。

意外だったのは、著作権の放棄でした。

後々のことまで、考えを巡らせての結果、固定観念にとらわれずに行動する。

著作権さえあれば、儲かるみたいなイメージがあったので、思い込みって大きいですね。

絵本の全ページ無料公開も清水の舞台だったようです。

とにかく、私は出版や広告が身近にはありませんが、日常を含めてすべてにおいて、そう言った常識のアップデートが、本当に必要だということが伝わってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です