自分らしい最高の一生を送ってほしい「君と会えたから…」喜多川泰

君と会えたから……

君と会えたから……

 

Kindle本を耳読しています。

読み終えるまでの平均的な時間( 2時間16分)

 著者のあとがきには、「人間はいつ死んでしまうかなんてわからない」という、この本を書くきっかけとなった2つの体験が書かれていました。

明日が来ることを前提に、生きている自分がいるということでした。

この本では、若い人たちが生き方を考える上でのメッセージが込められています。

自分のこと本当に欲しいものを知る

夢を実現させる方法を知る

経済的成功の真実を知る

魅力溢れる人になる

手段を目的にしない

できないという先入観を捨てる

人生において決してできないことなどない

これらのことを、若い2人がストーリーの中で一生懸命に考えます。

ストーリーの中でも「どうやって生きていくか」そして「死んでいくこと」が描かれています。

歳をとった私にとっても、これからの10年に役立てたい、心に刺さる言葉だったので

これからの時代を生きる若い人たちに、ぜひ読んでほしいと思いました。

また、もうひとつ心に残った言葉

「人生において約束されていることは一つだけしかない。

それはいつか死ぬということだけ」だと。

これは、みんな知っていることではあるけれど

どこか忘れていることで、気づかないで、気づかないフリをして、過ごしていると感じました。

だから、この言葉は年齢関係なく、みんな1日1日を大切に、明日があるとは限らないということを、心にとめて生きていくことが大切だと教えられました。

www.3dpetshop.com

www.rakuten.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。