元文科省副大臣 鈴木寛 著「熟議のススメ」の感想

Kindle本で耳読しています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間31分)

熟議をすすめていく上で、ファシリテーターの役割がとても重要になると感じました。

何とか話をまとめようとするのではなくて、議論を深めていくこと、ひとり一人が何かに気づくこと。

対人関係のスキルと、ものごとを整理するスキルが必要となります。

単なるファシリテーターのようですが、初対面の人たちの人となりを予想して

その場で熟議がすすむように

そして意見集約だけになってしまわないように

というとても困難な仕事前だと感じました。

ファシリテーターの腕次第とも言えます。

形だけで終わらない熟議が、日本の中で浸透して欲しいと感じています。

熟議のススメ

熟議のススメ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です