地政学について とりあえず身近で考えてみたこと 

f:id:juneberry-miyatomo:20201102204616j:plain
 地政学についてあまり考えてたことが無かったのですが
とりあえず、考えたことです。 

若い頃、知人で 
中国から研究職として来日し

日本に帰化した人と話した時に心に残っていることは 

「中国は、ひらがなやカタカナはなくて、文字がすべて漢字だから
子どもの頃から覚えることがとても多い。

だから、日本語での勉強はとても楽である」 
というようなことでした。 

そして、長期の休みには中国に帰ってたりしながら
自分のお子さんにもある程度の中国語は教えておられたけれど 
日本で生活していては、話せても書けないだろうと。 

ご両親と同じくお子さんも素晴らしく優秀でしたが 
中国の人からすれば、

日本語や日本での勉強は簡単なのだろうな、と感じたことを 
思い出しました。 

中国は、世界で一番人口が多く、それが日本の約10倍。
日本とは比にならないのだろう、とは想像していました。 

陳腐な例えですが 
転勤で規模の小さなところへ行くと

同じ仕事内容でも楽に感じます。 
それは競争相手が少ないからだと思うのですが 
それと同じような感覚が

中国から見た日本にもあるのだろうか、と思いました。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。