父のこと #6.5気が進まない

なんか、あまり進まないんです。気持ちがね…。

先日、父から電話があって「一度家に来て」とのことでした。

日程調整を理由に先送りしていますが、この休み中には行かないと…と思いながらも重い腰が上がっていません。

 

父は末期の癌が2月頃にわかり、そろそろ余命と言われている時期も終わりとなりそうですが

抗がん剤治療もしていて免疫力も低下すると心配されていた中

コロナで感染症対策がバッチリなことも手伝ってか

幸い、とても元気に毎日を過ごしているようです。

 

感染症のことも考えると

あまり不用意に会わない方がいいかとも思っていますが…

私の本質はそこではなく

というのは自分でも一番よくわかっていて

それに加えて、思春期頃からのギクシャクしていた関係もあって

なんかまだあまり慣れていないところがあります。

と言ってももう私も50歳なんですが…。

 

何が引っかかっているのか、自分でもわからないですが

手持ち無沙汰というか、ドキドキするというか

感染症の観点からも、高大学生の息子たちも使えないですし

あぁ、私ひとりでか…と思うと気が重い。

 

とりあえず、この休み中に行って話をしてきます。

こうやって何かに書かないと、動けない。

情けないもんです。

でも、知らない人に、知ってもらっているって

なんか勝手な安心感を持っています。勝手に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。