多様性は可能性

f:id:juneberry-miyatomo:20201226214629j:plain

多様性という言葉を 

近年よく耳にするようになりました。 

昭和45年生まれの私が、子ども頃も 

「ふつうが一番良い」とされていたと思います。 

一番良いというよりも 

「目立たないように、無難に」 

という感じが、母親の中に強かったようにも感じます。

金子みすゞさんが

「私と小鳥と鈴と」を書かれたころは 

大正末期から昭和初期であって 

「みんなちがってみんないい」の解釈は

今のイメージではないかも知れないですが

その当時に

個性についての 

考え方をしっかりと発信されていて 

それが、後生に継がれているということを考えると 

表面的には「ふつうがいい」とされていた 

昭和初期の世の中でも 

共感する人たちも多かったのでは?

心の中では、多くの日本人が思っていたことなのかも? 

と思いました。

視点は少し変わりますが 

近年では、東京大学先端科学技術研究センターを中心として 

「DO-IT Japan」や「異才発掘プロジェクトROCKET」という

さまざまな特性をもった子どもたちの

高等教育のための活動が

行われています。

今までの、画一的な教育の中で 

埋もれてしまっていた

子どもたちの 

ふつうではない、飛び抜けた力を伸ばすことで

そういった子どもたちが 

社会進出し、社会のリーダーとなっていく時代が 

来る時も近いんだろうと思っています。

今まで埋もれていた偉才を 

どんどんと見つけて、伸ばしていってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。