収入に対する思い込み

f:id:juneberry-miyatomo:20201226214811j:plain

「自分の収入の上限というのは限られていて、その範囲で暮らすことが吉である」

という思い込み

強いですね

強かったですね。

「収入の上限が限られて」いるから、副業でもするか…と。

「その範囲で暮らす」ことができるかどうかの

腕前を試されるみたいな。

主婦に対しては、そんな考え方ありますよね。

学校や家庭など、いろんな場所で

そういうように教えられて来ているので

そういった思考が強いです。

給与所得者の私なら

収入を上げるというところに

たどり着いたように考えていたもの

めっちゃ頑張って

ワンランク上の別の給与表へ入ることで

違う世界へ行くくらいの感覚もありました。

(それはそれで、実生活の中では大きいのですが…)

でも

本質的なところにも踏み込むことが

自分の可能性を広げるということだと。

それが収入へつながっているということ。

ESBI

E = employee(従業員)

S = self employee(自営業者)

B = business owner(ビジネスオーナー)

I = investor(投資家)

クワドラントとは?金持ち父さんから学ぶ「ESBI」お金の法則 クワドラントを説明する際「キャッシュフロー・クワドラント」として取り上げられた、日系4世であるロバート・キヨサキ氏の大ベス

salaryman-mlm.biz

私はずっとE = employee(従業員)でした。

その全体像を知って

自分がどうしていくのか考えることは、いいとしても

自分が全体の中のどの位置にいるのかを

知った上で、選んでいるのと

知らずに、その位置にいるのでは

人生を振り返った時に

まったく違うな、と感じました。

あと

贅沢 ≠  やりたいことを諦めないこと

自分が本当やりたかったことを

収入が少ないことや

お金がないということで

諦めることをなるべく少なくしようということ。

私の中でまだ

贅沢とやりたいことの仲間分けがキッチリとできていなくて

ちょっとモヤっとしていますが

少しずつ入ってくると思います。

なんか、人の心って

知らない間にいろいろ思い込みで

自分を規制してるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。